株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > 事業内容
事業内容
経営基盤の4要素弊社が提唱する財務コンサルティングとはコンサルティング業務手順
経営基盤の4要素
  私どもは、企業の経営基盤には4つの要素があると考えております。それを経営のマトリックスと提唱しております。マトリックスという語源はラテン語で「生み出すもの」という意味があり、物事の根源を指します。つまりは「基盤」「基質」という解釈になります。
経営のマトリックス

このページの先頭へ

弊社が提唱する財務コンサルティングとは
  経営基盤強化を実現するうえでの幹になるものが、経営者の経営理念であり、それを実現させるためのベースとなるものが財務基盤になります。金融資本を盤石にすることが、経営基盤強化に直結すると私どもは考えます。
経営理念
経営基盤強化のファーストステップこそが財務基盤強化であり、そのための金融資本コンサルティングが弊社のメイン業務になります。

金融資本にも大きく分けると直接金融資本と間接金融資本というものがあります。
直接金融は、企業が外部から直接的に調達する金融資本になります。
一般的には資本金、社債、その他ファンド等の直接金融資本になります。
間接金融は、企業が外部から間接的に調達する金融資本になります。
つまりは金融機関等の借入金のことを言います。借入金なのでいずれ返済が必要になります。
直接の資本ではありませんから間接金融資本といいます。

中小企業の資金調達においては②の間接金融資本によることが多く(より現実的)、この間接金融資本コンサルティングが弊社の専門分野になります。

このページの先頭へ

コンサルティング業務手順
 
徹底した問診、現場検証による洗い出し
経営理念を反映した経営体制を構築するうえで企業が潜在的、顕在的に持つ強みと弱みを、徹底した問診、現場検証より洗い出します。
SWOT分析※1 を活用した企業評価
外的要因の市場動向、経営環境、地域性等を機会と脅威に切り分けるSWOT分析の手法を活用した経営資源の集中ポイント、リスクマネジメント(財務危機回避)対策まで加味した企業評価を行います。
弊社は作成支援という立場に徹底して
こだわります

1を反映させたうえで経営者の方たちと、今後の事業計画書及び資金繰り表の作成支援を行います。事業計画書も資金繰り表も本来、経営活動を行う企業の経営者、財務責任者が共同で取り組むものであります。弊社はその作成支援をメインに行い、作成そのものは行いません。それが企業のため、経営者のためと思っております。
1、2を総括して、経営戦略に馴染んだ金融資本政策の提案立案まで行います。この場合、1、2に立ち返って根本からの練り直しを行うことも多々あります。
1~3を総合的に加味した経営戦略のテイクオフ(実行支援)のサポート、その後のモニタリング(経過観察)までしっかりと行います。
※1 SWOT分析とは、企業の内的要因による強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、外的要因による機会(Opportunities)、脅威(Threats)による特質を経営活動にどのように活用するか?もしくは回避できるようにするか?などの洗い出しを行うための分析方法です。

このページの先頭へ


【資金ドック】
財務DDのみから、事業計画及び資金繰り表作成支援、その後の経営戦略テイクオフ(実行支援)からモニタリング(経過観察)まで、1ヶ月~24ヶ月まで幅広いバリエーションに応じた期間対応をさせていただきます。詳しくはご相談ください。

【ご依頼が多い弊社が提唱する3つのステージ】
起業における経営基盤(財務基盤)構築業務
同族会社の経営承継対策、これに関連するM&A対策等
※相続税対策は税理士の先生をご紹介します。
企業再生もしくは企業清算およびM&A等の再生および清算支援業務
※法的手続きを要する場合は各種専門家の先生をご紹介します。
※その他ステージにおいても豊富な事例により対応して参ります。

このページの先頭へ


資金ドックセミナー情報
『自分(自社)をみつめなおす日~大病罹患からの生還に学ぶ企業再生のヒント』
≫セミナー情報一覧はこちら
imlogo
株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.